厚生労働大臣指定/国家試験免除
文部科学省認可専修学校
教育訓練給付制度講座指定校(調理師科)
(公社)全国調理師養成施設協会会員
(公社)全国調理職業訓練協会会員
(社)日本フードアナリスト協会指定養成施設
職業実践専門課程認定校(該当学科認定)
TECHNICAL COURSE

テクニックコース

テクニックコース
調理と製菓・製パン技術を2年間通して学び、
幅広い知識とバリエーション豊かな技術を修得するコース
調理と製菓・製パン技術を2年間通して学び、幅広い知識とバリエーション豊かな技術を修得するコース
調理と製菓を両方学ぶ
調理、製菓・製パン技術を学び「調理師免許を持ったパティシエ」あるいは「パティシエの技術・知識を持ったシェフ」「パンを焼くことのできるシェフ」を養成しています。
コース独自のカリキュラム
2年目の製菓科では、発展した調理技術も学びます。また各科へ個別に進学するケースと比べ、履修科目の重複が避けられます。
現場を知るインターンシップ(校外実習)
校外の営業施設において60時間の研修を行い、現場の経験を通し、就職意識を向上させます。
テクニックコースってどんなとこ?
幅広い技術
調理師科(1年制)と製菓科(1年制)で調理技術、製菓・製パン技術を併修する2年間一貫教育システムです。オードブル・メインディッシュからデザートまで体系的にマスターした料理人を育成します。
授業方針・カリキュラム
コース独自のカリキュラム
2年目の製菓科では、テクニックコース独自のカリキュラム(専門料理発展)によってレベルアップした調理技術を学び、また各科への個別に進学するケースと比べ履修科目の重複が避けられます。
特徴的な授業形態
広がる就職
調理と製菓・製パンの両方を学ぶことができるため、「調理師免許を持ったパティシエ」や、「パティシエの技術・知識を持ったシェフ」や、「パンを焼くことのできるシェフ」など将来の選択肢が広がります。

将来の選択肢を拡げる資格一覧

卒業時取得ライセンス

  • 「調理師免許」 国家試験免除で全員取得
  • 「介護食士3級認定資格」 選択科目履修者に付与
  • 「ラッピングクリエーター3級認定資格」 全員取得
  • 「カフェクリエーター3級認定資格」 全員取得
  • 「キュイジィーヌ&バンケットコーディネーター3級認定資格」 全員取得
  • 「フードアナリスト4級検定資格」 講座受講後、検定合格者に付与
  • 「パンコーディネーター」 認定講座受講後、認定試験合格者に付与
  • 「家庭料理技能検定3級」 実技試験と筆記試験を受検後、合格者に付与
  • 「食育インストラクター認定登録資格」 選択科目履修後、認定試験合格者に付与

卒業後取得ライセンス

  • 「専門調理師免許(日本・西洋・中国・麺・すし・給食用特殊料理)」 実務経験6年で受験資格付与
※「専門調理師」試験は、本校で実施する「技術考査」に合格の場合、実務経験が8年から6年に短縮されるだけでなく
学科試験が免除され、実技試験のみにになります。
  • 「製菓衛生師」 実務経験2年で受験資格取得
  • 「洋菓子製造技能士/和菓子製造技能士/パン製造技能士」 実務経験2年以上で2級受験資格付与

テクニックコース 授業の流れ

▼1年目

4月
調理師科 スタート
調理師免許(国家資格)取得のために必要な知識と技能をしっかり学びます。
5月
営業調理実習・集団給食調理実習
【営業調理実習】校内に設置する営業施設『レストラン松柏軒』において、営業調理・サービスまでトータルに学びます。
【集団給食調理実習】校内の総合調理実習室において、大量調理の実際を学びます。
7月
インターンシップ(校外実習)
10日間(60時間)の研修を実施します。
11月
作品展
展示作品を制作したり、当日はレストランなどを営業します。
2月
卒業制作展
保護者を招待し、1年間の成果(調理)を披露します。
3月
卒業
調理師免許(国家資格)が取得できます。このほか、2年間のなかでさまざまな資格取得のサポートを行います。

▼2年目

4月
製菓科 スタート
様々な種類のお菓子やパンづくりと、テクニックコース独自のカリキュラムである、発展した調理技術に必要な知識と技能を学びます。
5月
プランタン実習
校内に設置する営業施設『菓子工房プランタン』において製品の企画から製造販売までトータルに学びます。
7月
インターンシップ(校外実習)
10日間(60時間)の研修で、自分が進むべき道を再確認します。
11月
作品展
展示作品を制作したり、当日はカフェの営業や販売をします。
2月
卒業制作展
保護者を招待し、1年間の成果(製菓・製パン)を披露します。
3月
【卒業】
KAGAWAで学んだ2年間を胸に社会へと羽ばたきます。

TIME TABLE(2年目例)

時間割例
1・2時限
9:05〜10:45
専門料理発展 洋菓子Ⅰ(基礎) 色彩・デザイン 洋菓子Ⅰ(基礎) 製パン基礎
3・4時限
10:55〜12:35
5・6時限
13:20〜15:00
店舗経営論 キャリアガイダンスⅡ 製菓科学実験実習 製菓フランス語
7・8時限
15:10〜16:50
製菓理論 ホームルーム レストラン
マネージメント
製パン理論

調理実習(日本・西洋・中国)

調理の基礎をマスターし、2年目につなげる

1年目に日本・西洋・中国料理を中心に、集団給食・特殊調理を学ぶことで、調理師として奥行きのある幅広い技術が修得できます。調理師免許を取得し、2年目に製菓・製パンを基礎から応用までステップを踏んだ内容なので、初心者でも安心して取り組む事ができます。

製菓実習(洋菓子・製パン)

1年目をベースに製菓・製パンをバランスよく学ぶ

洋菓子、製パン、和菓子など反復練習を通じてしっかり技術を磨くことができます。加えて、1年目で学んだ調理技術をもとに、効率よく作業を進めることができるように実践を積んできます。プロとして自分のカラー、付加価値を表現するために基礎をしっかり学びます。